ワンちゃんの首輪、どうやって選んでる?

ワンちゃんの首輪、どうやって選んでる?

ワンちゃんを飼うことが決まったらいろいろな準備が必要ですね。
この項では必要なものの筆頭ともいえる首輪について記します。
いろいろな製品があって何を買ったら良いのかわからない飼い主さんへ、いろいろな種類の首輪を紹介します!
ベルトタイプ

人間のベルトと同じ構造をしたタイプです。

利点:
長さの調整が可能。

不便な点:
特に大型犬用の肉厚な革製品の場合には穴にピンを差したり抜いたりするのに時間がかかる。

———-

バックルタイプ

プラスチック製の留め金で脱着するタイプ。
バックルが外れてしまう危険性を考えると引きが強いワンちゃんには不向き。

利点:
大抵の製品では長さの調整が可能。
脱着が簡単。

不便な点:
粗悪な製品の場合、バックルが外れてしまう事があり危険。

———-

ハーフチョークタイプ

チョークとは「息苦しくする」という意味。
ハーフチョークタイプの首輪は装着時にワンちゃんがリードを引っ張ることにより、長さが変動します。
伸びた状態では首輪の直径は首の直径よりも少し大きいのですが、ワンちゃんがリードを引くと直径が縮まります。
縮まった時に、ワンちゃんの首の直径よりも少しだけ小さくなるサイズのハーフチョークを選ぶことがポイントです。

引きが強くトレーニングが必要なワンちゃんに適した首輪です。

利点:
脱着が簡単。

不便な点:
多頭飼などで他のワンちゃんと触れ合う機会が多い場合、布製ハーフチョークだと他のワンちゃんに少しかじられるだけでも直ぐに切れてしまう。

———-

フルチョークタイプ

リードの一端が輪になっていて、他方の端を輪に通すタイプの首輪です。
できた輪っかにワンちゃんの首を通して使用します。
ハーフチョークのようにワンちゃんの首が締まる限界点がなく、引きすぎるとワンちゃんが窒息します。
ですから、初心者は買ってはいけません。

利点:
リードの扱いに慣れている場合にはトレーニングに適しています。

不便な点:
リードの扱いに慣れていないとワンちゃんを窒息させてしまう危険性があります。

———-

スパイクチェーン

金属製で内側にスパイクがでている首輪です。

利点:
ワンちゃんの引きが強いとスパイクが首にあたって痛いので引きの強制に役立ちます。

不便な点:
引かれるとスパイクが首に当たるので、無毛犬の場合は怪我に繋がりますから使用できません。