ワンちゃんの給餌皿、どうやって選ぶ?

ワンちゃんの給餌皿、どうやって選ぶ?

ワンちゃんを家族に迎えたらまず必要になるアイテム。
首輪とリードについては既に書きましたので、ここでは給餌皿について考えてみましょう。

給餌皿は水用とご飯用の2つが必要です。

また、夏場は散歩中に水を与えることが必要になりますので携帯用のお皿もあると良いでしょう。

携帯用は折りたたみができるシリコン製が便利ですが、少々お高めです。
小さくて軽いアルミ製ならバッグにも入り、100円ショップで購入できます。

ペットボトルにはめて使用する、お皿が一体化したプラスチック製品もあります。

水の入った給餌皿をくわえて別の場所に運ぶ癖のあるワンちゃんもいます。
このような場合は大きめの給餌皿を使用すると防止できます。

ただ大きくてもプラスチックや樹脂製品の場合には軽くて運ばれてしまうので、ステンレスや樹脂製品にすると良いでしょう。

給餌皿の素材はステンレス、陶器、アルミニウム、プラスチック、樹脂などがあります。

ステンレス製品の値段は少し高めですが、錆びることもなく耐久性があります。

陶器製の値段はいろいろですが、落とさない限りずっと使えますし、人間と同じような食器で与えていることは、飼い主さんと一緒に食卓を囲んでいるかのようで嬉しくなりますね。

プラスチックや樹脂製品は安くて軽いのが利点です。
ただ噛み癖があるワンちゃんの場合には噛み跡が残ります。

また外飼の場合や、キャンプなどアウトドアでの使用ではコンクリートや砂利よりも柔らかいプラスチックや樹脂ではキズがつくことを念頭に入れておきましょう。

いろいろなシチュエーションで様々な素材の給餌皿を使い分けてもよいですね。